トップページ >  プラセンタの基礎知識 >  馬プラセンタと豚プラセンタの違い

馬プラセンタの働きと魅力

馬プラセンタは、アミノ酸が多く含まれており、アンチエイジングや健康維持に効果が期待できます。馬プラセンタの成長因子は、細胞の分裂を活発にする働きがあり、新しい細胞を生み出すことによって、身体の新陳代謝をあげることができます。老廃物を体内から排出し、内側から美しく、健康的になることができます。成長因子は、もともと人間にも存在していますが、成人を過ぎたあたりから激減してしまう物質です。馬プラセンタを摂取することで減少した成長因子をサポートすることができます。

豚プラセンタの働きと魅力

豚プラセンタは、哺乳類の中でも人間と極めて相性がよいとされています。 プラセンタには、活性酸素を除去し細胞の劣化を防ぐ強い抗酸化作用があります。 そして肝臓を活性化させる肝細胞増殖機能で、肝臓の新しい細胞の生成が促され毒素の分解が活発化します。 豚プラセンタは体が健康な状態になり、細胞が新しいものに換わっていくことで肌が若返り、美容や美肌に効果があります。 したがって体の中からアンチエイジングができます。

馬プラセンタと豚プラセンタの違いとメリット

馬プラセンタと豚プラセンタを比較した場合、馬プラセンタはアミノ酸含有量が多く、また、豚プラセンタには含まれたない必須アミノ酸が6種類含まれているという違いがあり、効果的になります。 また、馬は病気にかかりにくいため、予防接種などの薬剤が胎盤に影響を与えることがなく、体温が高いため寄生虫の心配もありません。使用される馬も基本的にサラブレッドであるため血統が明確であり、品質管理も徹底されているため、安全性が高いです。
プラセンタといえば、馬プラセンタや豚プラセンタが人気ですが、それぞれに違いはあるのでしょうか。