トップページ >  プラセンタの基礎知識 >  副作用について

怖い!プラセンタ注射の危険性

プラセンタ注射は医療現場や美容目的で多数使用されていますが、しっかりとした知識がないままに行ってしまうと危険が伴う恐れもあります。 プラセンタ注射は医療用ではヒト由来の胎盤を、美容目的では豚や馬など動物の胎盤から抽出したエキスを使用しているのでヤコブ病などの感染症を引き起こす危険性が潜んでいます。 現在のところそのような実例はありませんが、危険性を予見してプラセンタ注射を打った人は基本的に献血、献血することが禁止されています。

プラセンタサプリの副作用

プラセンタサプリの有効成分であるプラセンタは羊や馬、豚などの哺乳類の胎盤からとることができます。プラセンタサプリは医薬品ではなく栄養補助食品であるため、摂取した場合の作用は緩やかです。また、プラセンタの副作用は、どの動物の胎盤を使うかによって異なりますが、どの動物由来のプラセンタについてもこれまで重篤な副作用が見つかったという報告は出ていません。そのため、プラセンタサプリはリスクを考えることなく摂取しつづけることができます。

プラセンタを安全に使うなら注射とサプリどっちがいいの?

プラセンタ注射はリスクがあります。プラセンタ注射を打つと献血ができなくなります。そして、アレルギー症状が起きることがあります。そして、人体に針を入れるということで、仏教やその他の宗教的な拒絶反応もあるかもしれません。その分、プラセンタサプリは非常に優秀です。プラセンタサプリは口から入れるものなので、安心安全なものとなっています。是非、プラセンタ注射よりもプラセンタサプリを使ってみてください。リスクなしで綺麗になれます。
プラセンタを使うことで身体に危険性やデメリットはあるのでしょうか。