トップページ >  馬プラセンタと美容効果 >  アンチエイジング

たるみ、しわ改善はヒアルロン酸とコラーゲンがカギ!

ヒアルロン酸は皮膚に多く含まれており、高い保水力で肌に潤いを与えます。コラーゲンは細胞と細胞をつなぐ働きがあり、これが肌の弾力を生み出します。また、コラーゲンが主成分であるエラスチンはコラーゲンに巻き付き、弾力を補強します。そのため、これらが減少するとたるみやしわの原因になります。 真皮にある繊維芽細胞はヒアルロン酸やコラーゲンの元となる細胞であるため、繊維芽細胞を増やすことでたるみやしわを改善することができます。

馬プラセンタの繊維芽細胞増殖因子について

馬プラセンタに含まれる繊維芽細胞増殖因子とは、成長因子の一つであり、細胞に働きかけることによって新陳代謝を促す作用があります。 繊維芽細胞増殖因子の特徴的な働きといいますと、ニキビ跡を治したり、肌のハリやくすみ、シワなどを改善するばかりか、ヒアルロン酸やコラーゲンを増やすなどがあります。 そのため、馬プラセンタは肌の健康やアンチエイジングに効果的な成分として、化粧品やサプリメントなどが人気を集めています。

美容成分ありとなしの馬プラセンタサプリで効果的なのはどっち?

アンチエイジングに効果的なプラセンタですが、中でも馬プラセンタは豚などと比べてアミノ酸の量が多く、美容効果がより期待できます。馬プラセンタのみが含まれているサプリも効果的ですが、同じ含有量であれば、さらに美容成分配合のサプリは、アンチエイジング効果が期待できます。コラーゲンやコンドロイチンなどの美容成分がプラスして含まれているものは、プラセンタの含有量が少ない場合もありますので、お求めの際にはチェックされると良いでしょう。

デルマタン硫酸、コンドロイチン、ヒアルロン酸の効果と相乗効果

最近注目されているのがデルマタン硫酸です。この物質は、お肌に存在しており、美肌をつくるのに欠かせない成分です。デルマタン硫酸の効果は、コンドロイチン、ヒアルロン酸というムコ多糖類に分類されてい物質と合わせて摂取することで、より高い美肌効果を保つことができます。デルマタン硫酸が紫外線からお肌を守り、ヒアルロン酸とコンドロイチンがすぐれた保水力を発揮し、弾力のある潤いに満ちたお肌を作っていく作用が期待できます。
馬プラセンタのアンチエイジング効果(肌の若返り)について